松玉のデュアルライフ日記

芸術家の居候がつづるデュアルライフ日記

星稜vs智辯和歌山 甲子園で見てきた

f:id:matsudama:20190817214817j:plain

 

 今日は甲子園に行ってきた。

 始発で行ったのに、甲子園に着いたらすでにすさまじい行列ができていた。

 僕は2003年のダルビッシュ率いる東北高校が準優勝した時からずっと見ているのだが、当時に比べて今の高校野球人気はすさまじい。

 甲子園で一番人気があるのは準々決勝なのだが、数年前ならほとんど並ばずチケットが買えたのに、去年は朝の5時半の時点で満員御礼でチケットが買えなかった。今年は明日が準々決勝だが、去年同様始発で行ってもチケットを買えなさそう。

 

 今日は3回戦で、二試合目に優勝候補どうしの対決があった。

 石川代表の星稜と、和歌山代表の智辯和歌山の対決。

 僕は近畿勢を応援しているので、智辯のほうを応援していた。下馬評では、智辯のほうが優位だった。

 星稜には奥川くんというプロでもすぐに活躍できる投手がいるのだが、打撃があまりよくない。

 一方、智辯には150㌔近いボールを投げるピッチャーが複数いて、打撃も全国でトップを争うレベル。総合的には智辯のほうが有利とみられていた。

 

 試合は予想どおり、いや予想以上に白熱した。

 今の高校野球はどのチームにも140㌔のボールを投げるピッチャーがいるが、150㌔はまだまだ少ない。150㌔投げられるピッチャーでも、1試合に一回か二回くらいしか出ない。

 しかし奥川くんはとんでもないピッチャーなので初回から150㌔を連発。相手は強打の智辯なので最初から全力でいっているのだと思った。こりゃ終盤でつかまるなぁと思いながら。

 

 試合は1ー1の膠着状態のまま終盤へ。

 奥川くんは終盤になってもまったく球威が衰えなかった。なんだこのピッチャーは!?毎イニング150㌔以上のボールを投げて三振を奪いまくる。

 智辯のピッチャーもいいので、結局同点のまま延長に入った。

 

 12回が終わっても決着がつかないので、タイブレークというルールにより無死1・2塁の状態から攻撃が始まった。

 智辯は魔曲「ジョックロック」を流すも点が入らず。

 奥川くんは足をつりながらも150㌔の球を投げていた。本当にとんでもないピッチャーである。

 正直もう奥川くんは変えたほうがいい。大船渡の佐々木くんと同じように守られるべきなのだ。そう思いながら見ていた。しかし奥川くんは投げ続ける。

 

 奥川くんは結局最後まで投げ続け、タイブレークなのに1点も許さず仲間の反撃を待った。そしてついに14回の裏、星稜にサヨナラ3ランが出て、劇的に試合が終了したのだった。

 

 去年も星稜はタイブレークを経験していて、奥川くんは先発しながらも途中足をつって降板している。星稜は大量得点によってリードしていたものの、奥川くんの降板以降相手に追いつめられ、結局タイブレークに持ちこまれている。そして、逆転サヨナラ満塁ホームランをくらい、球史に残る負けを経験した。

 

 奥川くんの今日の投球は執念だったと思う。

 去年のようにはならないという強い気持ちがあのような投球につながったのだ。

 

 本当にいいものを見せてもらった。

『事故物件怪談 恐い間取り』

 

事故物件怪談 恐い間取り

事故物件怪談 恐い間取り

 

 

 僕が子どものころは、よくテレビで怪談や心霊写真を扱う番組をやっていたけど、今はほとんどない。今は写真や動画を簡単に加工できる時代だから、誰も信じなくなったのせいだろう。

 

 以前は、テレビ番組で科学者が心霊現象は嘘だといって科学的に心霊現象を説明していたものもあった。

 心霊現象はだいたいは人の勘違いだと思う。でも本当に霊的なもの、科学では説明できないものはこの世界に存在していると僕は考える。

 

 松原タニシさんは、事故物件に住みます芸人だ。

 事故物件というのは、殺人や自殺、孤独死などで人が亡くなっている住居のこと。そういう部屋は誰も住みたがらないので、相場の半分くらいで借りられる。お金がない芸人にとっては好都合で、タニシさんはラジオ番組で先輩に言われたのをきっかけにそういう部屋に住みはじめた。

 

 『恐い間取り』では、部屋に住み始めて起こった奇妙な現象が描かれている。

 

 大阪の喫茶店で働いていたタニシさんは真夜中に一人でする片付け作業が嫌だった。

 喫茶店の向かいのビルから何かイヤな気配がするのだ。誰もいない暗い階なのに、そこからの視線を感じる。

 新しく入ってきたバイトの女の子には霊感があったのだが、その子はすぐに辞めた。

 後日街中であったときなぜやめたのか聞くと、「向かいのビルからたくさんの高齢者がこちらを見ているんです。だからそちらを見ないようにしていたんです。でもあるとき気づいたんです。ビルに映っているその高齢者は、ビルじゃなくてここにいたんだと。私は仕事を放り出してすぐに外に逃げました」

 タニシさんもその話をきいて2か月後に辞めたという。

 

 他にはこういうのもある。

 あるイベントの終了後、ファンと写真撮影をしたのだが、その写真に写っている自分の顔だけなぜか真っ黒になるのだ。専門家曰く、「ある人はこのように顔が黒く写りはじめて五年後に亡くなった。」

 タニシさんも五年後に亡くなるかもしれないが、最近出た新刊異界探訪記 恐い旅

によれば全国の心霊スポットを旅している。どうやら事故物件に住み、心霊スポットを巡るのが生業になっているようだ。

 

 

 しかし何よりも恐いのはやっぱりタニシさん。

 女の子の話を聞いてその喫茶店に霊がいることが分かっているにも関わらず、2か月も働き続けるタニシさん。

 五年後に死ぬかもしれないのに、事故物件に住み続け全国の心霊スポットを渡り歩くタニシさん。

 あなたのその精神力が一番恐ろしい。

このネコの親子の態度は何を意味しているんでしょうか


近寄ってくるんだけど、触らせてくれないネコの親子

 

 いつも通る道にネコの親子がいる。

 このネコさんたちは、僕に気づくと遠くからトコトコと駆け寄ってくる。

 でも、動画にあるように少し距離を空けている。

 近づいても逃げないんだけど、なでようとすると避ける。

 

 母ネコのほうはいつも、僕に向かってか弱くかすれた声で「にゃー」と鳴いてくる。

 僕はネコじゃないので、これが何を意味しているのか分からない。

 このネコの親子は飼い猫かどうか分からないけど、奥の家の人にエサを与えてもらっているから「エサをよこせ」という意味ではないと思う。

 

 僕に気づくと親子ともども近づいてくるので嫌われているわけではないはずだが・・・。

 ネコに詳しい人、誰か教えてくださいな。

スマホに不具合が起こって四苦八苦している師匠を見てガラケーでよかったとつくづく思う

 僕が出先から帰ってくると、師匠(75)はスマホに不具合が起こったらしく、問い合わせの電話をしていた。

 

 「なんかあったんですか?」

 「ん~ちょっとな、一部のアプリが起動せんのや」

 「へぇ」

 

 僕はごはんのセットをして、その後自室でパソコンをしていた。

 30分くらいして腹がへって台所に行くと、師匠はまだ問い合わせの電話をしていた。僕が夕飯の準備をしているあいだもずっと電話をしているが、相手も対応に困っているらしく、どうやら3人目の担当者に変わったようだった。師匠は憔悴してイライラしていた。

 

 僕一人飯を食べ、食べ終わった後も、師匠はまだ電話していた。

 都合1時間半、延々と電話している。それでもまだ解決していない。

 

 僕はこの光景を見て、ガラケーでよかったとつくづく思った。

 現在のガラケーはすでに4年目だが、一度も問題を起こしていない。

 その前は別のガラケーを6年使っていたが、そのガラケーも一度も問題を起こしていない。

 

 僕はおもちゃとしてのスマホを持っていて、カメラやミュージックプレイヤーなどとして使っている。

 このスマホ、まだ新しいのだがけっこう問題を起こす。急に動かなくなるし、充電ケーブルをさしたのにまったく充電されていないこともある。そんなとき、イライラしてくる。

 スマホガラケーより多くの機能があって便利かもしれない。

 だけどその便利さとひきかえに、イライラすることがある。

 

 昔はもっとゆったりしていたということを年長の人から聞く。

 人々があくせくし、心に余裕がなくなっているのは、こういうところに原因があるのかもしれない。

 

 

『日曜日の人々』は人々のヤミに触れる小説だった

 

日曜日の人々

日曜日の人々

 

 

 何年か前に著者は芥川賞を受賞して、僕はそこから彼に少し興味を抱いた。最初はその風貌に。次は彼の文章に。

 たまに彼の書いた文章が新聞や雑誌に載るので読むのだが、彼独特ののらりくらりとした文章に当惑させられた。「この人は一体何が言いたいのだろう?」そんなことを思わせられる。読んでると無駄にあふれたふざけた文章だと気づくのだが、それでも最後まで読んでしまう。それはやっぱり才能のなせる業ですよね。

 

 クーラーの効きすぎた図書館で涼んでいると、目の先に彼の書いた小説『日曜日の人々』があった。彼の書いた小説もまた、のらりくらりとしたふざけた文章なのだろうか、そんなことを思いながら読んでみた。

 

 心の準備をせずに、何の気なしに読んだものだからこの小説の衝撃はでかかった。重いパンチを腹にくらった気分。ん~どんよりとした鉛が腹に残っている。それまで目にしていた彼の文章と、『日曜日の人々』の乖離があまりに大きくて当惑している。

 

 主人公の航は大学生で、従姉のナナが出入りしていた「朝の会」に参加するようになる。朝の会は、いろいろなヤミを抱えた人たちがそこに集って自らの話をする場所。窃盗癖のある人や、薬に手を出す人、摂食障害不眠症を抱える人などがいて自らの体験を語る(映画『ファイトクラブ』にあったような光景を思い出した)。

 従姉のナナが自殺したのをきっかけに朝の会に参加するようになった航は、そこに集う人たちと交流するのだが、一人また一人と心のヤミを抱えて自殺していく会員を見て、自らも自殺への衝動を抑えられなくなっていく・・・

 

 僕も含めて多くの人は、窃盗癖はないし、薬に手を出してはいないし、摂食障害でもない。そうしたヤミを抱える人たちは対岸にいる人たちであって、自分とは違う世界にいる。そう思いがちだ。

 でも本当はそうではないとこの小説は教えてくれる。どんな人でも心にヤミを抱えていて、ちょっとしたきっかけでそのヤミは肥大していくのだ。ぼくたちは、自殺するなんてとんでもないと思っている。でもなにかの拍子に、人は簡単に自殺を選んでしまうことがある。そして時に、その衝動は自分でもどうしようもない部分から生れるのだ。

 

 主人公の航はどこにでもいるような平凡な大学生だけど、そんな彼でも自殺未遂をすることになる。そして、航とはそのままぼくたちのことでもある。小説では、航は自分の意志で死のうとしたというより、自殺に導かれていったというような描写がされている。たぶん現実でもそうなんじゃないか。人は自らの意志ではなく、「受動的に」自殺するのかもしれない。

 

 航は集団自殺するグループに参加して自殺しようとするのだが、著者は神奈川県座間市で起こった連続殺人事件を念頭に置いているのだと思う。ぼくたちが生きている日常のなかには、自殺したい人やそれをほう助する人が同じように生きている。誰もがヤミを抱え、航のようにそちらの世界へ行ってしまう可能性がある。

 

 そんなふうに考えると、何とも言い難いどんよりとした感情が腹にたまってきた。

 

 

開成高校野球部は高校野球の未来を先取りしている

 

 

 

 今年も熱い甲子園がやってまいりましたね。

 甲子園が開幕したということで、この前図書館でふと目にとまった『弱くても勝てます』を読みました。

 僕はこの本を読んでみて、「開成高校野球部は高校野球の未来を先取りしているかもしれないな」と思ったわけです。それについて書いていきましょうよ。

 

 開成高校といえば、毎年200人近くを東大に送り込む日本一の進学校です。

 その開成高校の野球部の戦略は「どさくさに紛れて一気に大量得点してコールド勝ち」というもの。

 

 どさくさに紛れてコールド勝ち。

 どうしてこんな戦略になったかというと、チームが弱すぎるからです。

 まず、選手は打球を捕るのではなく、打球を避ける。なぜなら打球は危険だからです。エラーは当たり前で大量失点は仕方ない。

 投手は相手に失礼のない者が選ばれる。つまり、ストライクゾーンに投げられるピッチャー。投手は四死球を連発して試合を壊しさえしなければいい。

 

開成では、

ピッチャー:投げ方が安定している

内野手:そこそこ投げ方が安定している

外野手:それ以外

なんじゃこりゃ!

 

開成高校は週に一回しか練習がなく、練習時間も短い。

練習時間はすべて打撃練習にあてがわれます。

開成高校は三振を恐れずとにかく振る。すべて長打を狙う。

で、どさくさに紛れて大量得点する。

開成高校が目指すのは、1-0の接戦ではなく、15ー10のような大味な試合です。

 

 

 伝統的な高校野球は、守備からリズムをつくり、攻撃でランナーがでればバントで送って堅実な試合をめざします。

 開成高校はこういった伝統的な野球とは正反対の野球をめざします。

 本書によれば、このやりかたで2005年の東京大会ではベスト16にまで登りつめています。それもほとんどすべての試合でコールド勝ち。5回戦で強豪の国士館高校に敗れました。

 

 

 僕は高校野球の未来は開成高校のようになっていくんじゃないかと思っております。

 堅実な接戦ではなく、打ち合いの大味な試合になっていくのではないか。

 

 というのも、ここ最近の夏は暑すぎてさっさとゲームを終わらせたほうがいいからです。夏の甲子園の地方予選では、決勝以外はコールドゲームが成立します。5回終了時に10点、7回終了時に7点差がついていれば試合終了です。

 

 接戦だとどうしても9回まで戦わないといけないが、大量得点してできれば5回で終わらせる。そうすれば選手は疲労が少ない状態で次の試合に臨めます。

 

 どんなにいいピッチャーでも、この夏の暑さのなかでいい球を投げ続けるのは困難です。今年のドラフトの目玉である星稜高校の奥川くんも去年甲子園で足をつって降板しました。灼熱のマウンドでいい投球をし続けるのはもはや不可能です。

 夏の暑さのこともありますし、最近大きな問題になっている球数制限のこともあります。今年の岩手県大会の決勝で大船渡の佐々木朗希くんが登板しなかったことが大きな話題になりました。今後の高校野球界はピッチャーの球数を制限するので、去年の金足農業の吉田輝星くんみたいな地方大会から全試合完投するピッチャーはもう現れないでしょう。

 

 それに、少子化による野球人口の減少という問題があります。野球人口が減ってくると、どうしても部員集めが大変になってきます。甲子園に出場するような高校でさえ、ベンチ入りメンバー18人に満たない高校もあります。すると、投手を何枚も用意することができない高校が当然大量にでてきます。

 

 夏の暑さ、選手の疲労、球数制限、少子化、こうしたさまざまな事情を考えると、コールドゲームでさっさと試合を終わらせるべきなのです。コールドゲームにするためには、大量得点する必要があります。

 ここで開成高校の「どさくさに紛れて大量得点しコールド勝ちする」という戦略が活きてくるのです。

 

 いい選手をたくさん勧誘できる私立高校と違って、公立高校はなかなか選手をそろえることができません。少子化、野球人口の減少は今後も続きますから、公立高校を中心に、開成高校野球部のような大量得点を目指す超攻撃野球を標ぼうするチームが増えていくでしょう。

百姓論

 昨日散歩している途中にふと「お金っていうのはそんなに信用してはいけないのではないか」と思った。

 

 そんなことをふと思ったのは、Facebookが仮想通貨「リブラ」を発行すると言っていたからだ。

リブラについてはこちらで詳しく解説されています。

dappsmarket.net

 

 Facebookがリブラを発行すると言ったことで、世界各国が警戒しているという記事を以前読んだ。Facebookがリブラを発行すれば、世界の通貨の価値が脅かされるからだ。

 

 僕は金融に詳しくないので、何がどうなって通貨が危ないということはよく分からない。リブラが実際に発行されるか分からないし、実際にリブラが発行されても国が規制をかければ大丈夫かもしれない。

 

 そんなことより、数千年の歴史がある国家が、たった10年かそこらくらいの歴史しかない企業のアイデアにおびえているということが僕にとっては衝撃だった。

 びっくりじゃないですか?国家は今までにいろいろな危機を抱え、ソ連みたいに崩壊するところもあったけど、Facebookみたいなひとつの企業のアイデアで多くの国家が危機感を抱くってことは初めてのことではないだろうか。国家が脆弱になったのか、それとも企業が強くなりすぎたのか。

 もうちょっと考えてみると、今はSNSで一瞬にして世界とつながれる時代だから、個人が強力なアイデアをぶちあげて世界中のユーザーが賛同すれば、国家もやべぇと思う可能性がある。

 

 そんなことを考えていると、これからの先行きの見えない未来と相まって、今は突然降ってわいたようなアイデアや事業が国家を脅かすのが時代なんだなぁと思い至った。で、最初に書いたように「お金ってそんなに信用していいものなのかな」と思った。最近どっかの国でハイパーインフレが起こって紙幣が紙切れになったが、今ではどこの国もそういうことが起きうる。

 

 以上の思考をふまえて、個人はどうすればいいのかと考えたのだが、お金への依存度を下げればいいんじゃないかと思った。

 現在の社会システムはお金がないと生きていけない仕組みになっているから、どうやってもお金は稼がないといけない。でも、お金への依存度を下げることはできる。

 

 そこで思いだしたのが、百姓だった。

 百姓といったら今は農家のことだと思われがちだけど、そうじゃない。百姓は、百の生業をもっているから百姓なのだ。かつての百姓は米をつくる以外にも、自分らで家を建てたり、織物をしていたりしていた。

 

 かつての百姓は今ではいないけど、内山節さんの本を読んでいると村にはその名残があることが分かる。

 

 

 

「里」という思想 (新潮選書)

「里」という思想 (新潮選書)

 

 

 内山さんが通う群馬県上野村の村民は、お金に困ると味噌だけ持って山にこもったらしい。山で木を切って小屋をつくり、家の者が出稼ぎにいっているあいだ山で自給自足していた。

 

 資本主義はいつのまにか人々の生業を細分化して、ぼくたちは一つのことしかできなくなった。一つのことをしてお金を儲けて、それによってモノやサービスを購入する。

 今まではそれで良かったのかもしれないが、お金の価値が簡単に揺らぐ可能性のある時代ではリスクが高い。

 

 自分の手でできることを増やして、お金への依存度を下げていく。

 百姓という概念は、今の時代だからこそ活きてくるんじゃないか。