芸能人の自殺が相次いで『ノルウェイの森』を読みたくなった

コロナ禍になって芸能人や有名人の自殺が相次いで、つい最近も俳優や芸人が亡くなって、べつにファンでもないのだがやっぱりショックだった。そんなニュースを目にしていると、ふと村上春樹の『ノルウェイの森』を読みたくなって図書館から借りてきて読んだ。3回目。自分はいわゆるハルキスト?ではないのだが、この作家はやっぱり特別だよなと思わせる。彼の作品すべてを読んでいるわけではないが、複数回読んでいる作品がいくつもある。数年おきくらいに、ふとした瞬間に『海辺のカフカ』読みたいなとか、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』読みたいなと思わせるのだ。『ノルウェイの森』もそんな感じで3回目を読み終えた。芸能人の自殺が相次いで、この作品を読みたくなったのは、この作品の主要人物がだいたい自殺しているからだと思う。キズキも直子も、ハツミさんも自殺してしまった。この作品に出てくる登場人物は全員どこかしら歪んでいる。自殺しない登場人物も歪んでいる。この作品の最も重要な命題(太字で書いてあるからそうだと思うが)は、死は生の対極ではなく、その一部として存在しているというもので、それはつまり誰が自殺してもおかしくなかったのだ、なぜなら死は遠くにあるものでなく自らの生に内包されているから。直子といっしょに療養所にいたレイコさんはもちろん、主人公も緑も自殺していてもおかしくなかっただろうし、ハツミさんの恋人である永沢さんでさえ自殺していてもおかしくない、あるいは突撃隊ももしかしたら自殺したのかもしれない、彼は突然寮から消えてしまったがどこに行ったんだろうか?

この作品はとても哀しい物語だった、であるにもかかわらずなぜか救われたような気分になった。自分は自殺したいと思ったことは一度もないが、この作品は、仮に自分が自殺したいと思っても救ってくれるような気がする。人生は楽しいと教えてくれる作品よりも、人生は哀しいのだと教えてくれる作品のほうが生きようと思わせてくれるのかもしれない。

ハツミさんの自殺がどうしても芸能人の自殺と重なってしまう。特に2年前に亡くなった三浦春馬さんと重なる。ハツミさんは、東大法学部のハンサム男である永沢さんを恋人に持っていて、お嬢様大学に通うよくできた女性である。主人公のワタナベによれば、とびぬけて美人というわけではないがとても器量がよく、こういう人が恋人だったらいいなと思わせる女性。永沢さんが「おれにはもったいない女だよ」というくらいの女性。しかし彼女も自殺してしまう。好きになった男が歪んでいるせいで。永沢さんは彼独自の歪んだシステムのなかで生きていて、そのシステムの中にハツミさんは存在できなかった。ハツミさんは何も悪くない、ただ歪んだシステムを生きる永沢という男を愛してしまったのだ、彼女に一体なにができただろう?ワタナベが言うように、ハツミさんはべつのどんな男性とでもうまくいっただろうが、よりによりによって永沢さんを好きになってしまったのだ、そしてそれはどうしようもないことだった。彼女は大学を出て2年後に別の男性と結婚して、その2年後に手首を切って自殺する。

三浦春馬さんのことはテレビなどでしか知らないが、彼はハンサムで仕事もおそらく順風満帆でもちろん金もあっただろう。傍から見れば何も不幸などないが、彼もまたハツミさんのように、歪んだシステムのなかで苦しんでいたのかもしれない。おそらく三浦春馬さんは何も悪くなくて、もっといえば歪んだシステムも、歪んでいるとはいえ悪いわけではないのだ、とても難しく複雑な話だが。死は、そういったどうしようもなさからもたらされるものであって、ときとしてわれわれはその渦のなかに巻き込まれていくのかもしれない。もしそうなら、生きているという状態は極めて微妙な均衡のうえに成り立っているし、生きていられるのはただ単にとても運がいいことなのだ。

この物語はそういった哀しみに満ちていて、だいたいどうしようもない状況、どんなにもがいても野井戸に落っこちてしまう時は落っこちてしまうことを描いた物語なのに、なぜか救われる。現実というものがそうだからなのかもしれない。現実というものは常にやるせなさに覆われていて、それは現実そのものが矛盾しているからだ。現実はハッピーだよ、みんなハッピーになれるんだよと謳った物語(それが宗教であれ、ビジネスであれ)は現実の矛盾の片方だけを切り取ったからであって、それはつまり嘘なのだ。もちろんみんなハッピーになりたいからそのような嘘にとびついてしまうわけだが、その物語を提供する側が巨大な悪になった場合、地下鉄サリン事件のような恐ろしいことが起こったりする。『ノルウェイの森』はもちろん架空の話でつまりは嘘なのだが、あれは嘘によって本当を語っているから救われるのかもしれない。

まぁとにかくいろいろと哀しい話だった。みんなに笑いを提供してくれた突撃隊はなぜ突然に消えてしまったんだろうか。直子は療養所を離れて専門的な治療を開始して快方に向かったかのように見えたのに首をつってしまった。結局ワタナベに何を想っていたのか、ワタナベとの関係をどうしたかったのかもよく分からない。キズキがなぜ自殺したのかも分からない。でも結局のところ、だれも分からないんだと思う。テレビを見ていると、報道では仕事でこういう悩みを抱えていたとか、人間関係に問題を抱えていたとか、いろいろと原因が推察されているけど、結局のところ誰も分からないのだ、あるいは本人でさえも。

築80年の馬小屋をリノベーションする ⑨基礎を置き根太を組む

ロフトでの作業を一旦終えて、下の床をはる作業に入る。

まずは散らかってるゴミを整理する。マスクしてるのに、塵と木くずでくしゃみと鼻水がとまらない。湿気ったにおいもして最悪。壁には、土なのか虫のまゆなのかよく分からんかたまりがへばりついてて取るのに苦労した。

 

ひととおり片付いたのち、基礎をおいて床をはるための根太を組んでいく。

小屋の基礎のうえにある土台の材が一部腐っていた。

 

仕事で江戸時代にたてられた家の床下を見たことがあるけど、けっこう適当でもしっかり建ってるんだよな。シロアリ駆除で行ったんだが、床板を受ける根太や束がシロアリに食われてカスカスになっていた。シロアリにやられたところ以外もなかなか適当な感じだったにも関わらず100年以上家がもってるのだから、そういうのを見てしまうと、まぁDIYだし、ある程度適当にやっても大丈夫だろうと思ってしまう。根太も家にある適当な材で組んでいる。長さが足りないが気にしない。ロフトと違って、床が抜けて落ちたところでケガしないしということでロフト以上に手を抜いてしまっている。

 

 

これはまだ途中なんだが、基礎ブロックを置いてそのうえに太い材木を置いただけである。水平器でだいたい真ん中に水泡があれば、「ヨシッ!」てな感じで満足する。奥にある毛布やカーペットは捨てられないので、断熱材がわりに使おうと思う。

真ん中には囲炉裏を作る予定。そこ以外は、だいたい45㎝間隔で根太を組み、床板をはる予定。もっとてきぱきやりたいところだが、暑さと鼻水とくしゃみで集中できない。早くキレイにして、囲炉裏で料理作ってみたいね。

 

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

家に行ったら電気が止まってた

一昨日馬小屋のリノベーションをすすめようと仲間の家に行って、湯を沸かそうと電気ポットのスイッチを押したがつかなかった。「ん?」と思って部屋の電気をつけてみようとしたがつかない。ブレーカーが落ちてんのかなと思ってブレーカーを見たら落ちてたので入れなおしたがそれでもつかない。そこで「あぁ電気代払ってないからとめられたんだな」と理解した。

電気がとめられてできなくなったこと、電気ポットが使えない、オーブンや電子レンジが使えない、部屋の蛍光灯がつかない、携帯の充電ができない、ネットが使えない。冷蔵庫の電気も当然切れていて、中でとろけるチーズがとろけていた。まぁこのくらい。

湯をわかすのはカセットコンロでいい。弁当は冷たいままだが耐えられないことではない、部屋の明かりは昼間はつける必要がないし、夜は廃油に浸したティッシュに火をつけた。携帯や契約してないスマホの充電は諦めた、ネットも諦めた。

電気がこないといろいろ困ったことがあるとはいえ致命的に困ることは何一つなかった。数日泊まるだけなら電気がなくても大きく困ることはなかった。むしろ、ネットが強制的に遮断されたことで時間を無駄にせずにすんだ。いつもは作業の合間の休憩や夜にスマホやパソコンをネットにつないでしまい、どうでもいい情報に触れてしまい時間を無駄にしたと感じる。無駄にすると分かっていても癖になっているのでついついスマホやパソコンに触れてしまう。今回ネットが遮断されたので時間を無駄にせず有意義だった。

健康のありがたみは失ったときに初めて分かるが、今回電気を失ったことで何を失っていたのかよく分かった。電気はあまりにも深く生活に食い込んでてそれがない生活は考えられないが、強制的に電気のない時間を過ごすことで電気のない時間をすごすのもいいなと思った。

世の中には、あればあったで便利だけどなければないで「致命的に」困ることはないものであふれていて、でもそれらはわれわれの生活に深く食い込んでいて、それがないと本当に困るのか、それともなければないで別段困らないのか判然としない状態になっている。それは企業側、経済側からは理想的な状況だが、消費者側からみれば思考停止したカモ状態だからあまりよろしくはない。だからといって、たとえば電気をとめよう、ネットを遮断しようというのはなかなかできないことだ。とはいえ、今回電気が強制的に遮断されたことで、ネットのくそどうでもいい情報も遮断され、暗い部屋のなかでろうそくにともした明かりをぼんやり眺めている時間は至福だった。

なんていえばいいのかな、この社会は見えない重荷があまりにも多すぎる。見えないがゆえに自分がそれを背負っていることに気付けない。で、「あぁなんだか身体も心もだるい、重い」と感じるのにその原因が一向に分からない。呪術廻戦で、七海がパン屋の女の子の肩にのっかっている呪いを振り払って女の子を楽にさせてあげるシーンがある。女の子は「なんだか肩が重いんですよねー」って感じで、それが呪いであることも分からないし、どうやって解決していいかも分からない。現代の呪いがここに集約されている。これは呪いだ、呪いなのだ。で、その呪いを忘れさせるために栄養ドリンクを購入させるというさらなる呪い。いつまでたっても身体はだる重なのだ。呪いのうえに呪いが積み重なっているから。

今回電気が遮断されたことでなんだかスッキリした気分になったんだよな、この感じ、前にも味わったことがあるなと記憶をたどっていったら、大学卒業後にSNSを全部やめて携帯電話を解約したときの気分だったことを思い出した。SNSをやめて携帯を解約したらほぼすべての人間関係が切れた。べつに人間関係をシャットアウトしたくてやったわけではない。SNSというシステム、携帯電話という道具に嫌気がさしていたのだ。それをシャットアウトしたら、付随して人間関係も途切れた。少々寂しくなったが、それ以上にスッキリした。

SNSにしても、携帯にしても、別に社会がそれをやること持つことを強制しているわけではない。でも、SNSをやるのも、携帯を持つのも当たり前みたいな風潮があって、その風潮にのっていない者は変わっているとみなされる。だから何かしらの、ラインやらfacebookに登録しているし、スマホを所有する。社会にはこのような見えない圧力があって、自発的な隷属を強いている。普通であればあるほどこのような見えない圧力は感じづらいが、自分みたいな普通から外れてしまっている人間にとっては窮屈だと感じる。

うーむ、どうやって自分には必要のない重荷を外せるんだろうな。今回電気というものがあればあったでとても便利だがなければないで致命的に困るわけでもないことに気付けたのは、仲間が電気代を払わなかったおかげで強制的に電力供給が止まったからであった。それまでは電気が自分にとってそういう存在のものだったことを知らなかった。

これは自分にとって不必要なものだと判断できて、それを自分の手で除外できるなら話は簡単だけど、だいたいのものはいつの間にか自分の生活に食い込んでて気づけないし、気づいたとしても「うーんなんだかんだで便利だしなぁ」ということで依存してしまう。それを外したらスッキリすることは分かっているが、なかなか手放すことができないものばかりで、それがチリのように積もって自分の背中で山になっている。

恐ろしいのは、そういうものを手放せるきっかけさえもがシステム化されていることだ。断捨離やミニマリズムを謳いながら、そういう類の本を購入させyoutubeで動画閲覧させる。断捨離のために断捨離の本を買わせゴミを増やすというのは本末転倒、笑止千万だが、世の中はこうしたゴミと呪いであふれている。

まぁ見方をかえれば、こうしたゴミが世界をめぐることで経済をまわしているわけで、地球環境はもう耐えられない状況になっているが、人間はSDGsというお守りを購入して神頼みしている。そんなものは焼石に水なのだが、政治家や行政はやってる感が好きだから、SDGsを推し進めている。われわれが問題視している引きこもりやニート、寝そべり族のほうがよっぽど環境に配慮しているというのに?コロナをまき散らしていないのに?

築80年の馬小屋をリノベーションする ⑧ロフト再構築 動滑車の威力を思い知る

腐ったロフトの床、梁を解体して再構築する。

まずは一番重要な中央部の床梁をつくるところから。昔の住人が置きっぱなしにしていた材を発見。雨にあたって朽ちている箇所もあったが使えそう。おそらく屋根の梁に使う予定だったのだと思う。まずは小屋の寸法に合うように2m94㎝に切断。次に梁を置くための溝をノミを使ってあけていく。これまで何の気なしにノミを使っていたが、この前高校生が誤って自分の脚をノミで傷つけてしまい出血死するという痛ましい事故が起こったことを知り、本当に注意して使わないといけないと感じる。金づちで叩きながらノミで掘っていくから、その先に手や足がないようにしないといけない。

 

とりあえず掘り終えたので梁を載せようとしたが、抱えることはできるが持ち上げるには重たすぎた。片っぽを桁に載せてもう片方を載せようとするが、そうすると載せていたほうが落ちてしまう。それを何度も繰り返し、滑車を使ってあげることにした。最初定滑車で持ち上げようとしたが重すぎてダメだった。次に動滑車を使ってどうにか持ち上げようやく桁に載せることができた。定滑車は梁の重量分を持ち上げないといけないのだが、動滑車だと半分の重量分で済む。だから持ち上げることができた。

 

やりかたはまず、滑車に材をくくりつける。そして回転部にロープを通しロープの片一方は上部の梁にくくりつける。そしてもう片方のロープを上から引っ張り上げることで材が持ち上がるという仕組み。このやりかたで自分は半分の重量の負担で済む。いやはや滑車があってよかった。

 



はぁどうにか桁に載せることができた。

 

腐っていた梁は捨て、まだ使えそうな梁は再利用する。足りない分は新しく作りなおしたやつを使う。梁は桁にあけられた溝にはめ込んでいくのだが、溝は縦3㎝、横6㎝、深さ4.5㎝しかない。この小さな溝にひっかけた材が床板を支え、その上にいる人間やモノを支えているなんて驚いてしまう。というか大丈夫かなと不安になる。


とりあえず片側は終わった。

 

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

コエタスで当選した元氣麺でもつ鍋やまぜそばを食す

コエタスで当選した元氣麵が届きました!

 

元氣麺は、北海道の良質な小麦と必須アミノ酸であるアルギニン、塩で作られているそうです。ラーメンとして使ってもいいし、うどんやパスタにして召し上がってもよいとのこと。

 

うちの地方は5月でもまだ少し肌寒い日があるので、一食分はもつ鍋の締めとして使いました。みそにコチュジャン、自家製梅酒、純情日本酒、すりおろしにんにくで味付けました。元氣麵は味噌もつ鍋にマッチし、家族はおいしいおいしいと食べてくれました

 

元氣麺で次は何を作ろうかと思ったときに、まぜそば作りたいなぁと思い元氣麺を使ってまぜそばを作ることにしました。元氣麺を5分くらいゆでて、それをコチュジャン、めんつゆで作った汁に投入します。焼肉のたれとすりおろしにんにくで炒めた豚ひき肉、みじんぎりしたネギ、カットした白子のりをトッピングし、中央に卵黄をそっと置きます。そこに鷹の目、ゴマをふりかけ、最後にごま油をひとまわし。

 

元氣麺は太めのラーメンといった食感ですかね、歯ごたえがあっておいしいです。もつ鍋の締めにしても、まぜそばにしてもとてもおいしかったです。まぜそばを今回初めて作ったのですがめちゃくちゃおいしくできました。元氣麺は必要な栄養素も入っているのでおいしい上に、健康にも気を使えて一石二鳥です。

 

元氣麺に興味を抱いた方、ぜひこちらのサイトからチェックしてみてください!

https://sunawonder.thebase.in/

 

コエタスでは元氣麺以外にもたくさんの魅力的な商品のモニターを募集しています。

モニターレビューだけでなく、商品のチェックをするだけでポイントが貯まっていき、ポイントが貯まればアマゾンポイントやPexポイントと交換したり、食品や美容・コスメ、インテリアと交換できます。あなたもコエタスでモニターをしてみませんか!?

ジョルジュ・ホワイエさんのレビュー投稿一覧|【商品モニター募集中】みんなの声をあつめて発信!コエタス

↑こちらのリンクからどうぞ!

築80年の馬小屋をリノベーションする ⑦ロフトを解体する

ロフトを掃除して解体する。

ロフトの上には大量のゴミとネズミかなんかの糞があって相当汚かった。まずはそこから片づけてやっと何もない状態になった。

片づける前

片づけた後

いやはや本当に大変だった。ほうきではらったら一面砂埃が舞いマスクをしていたのに鼻が砂埃でふんがふんがした。ロフトは床が相当ヤバいことになっていて、一部腐っていて踏み抜いてしまった。新しくロフトをつくるために解体する。

 

いやはやよくこんな状態で崩落せずにすんでいたよ。一番重要な床梁部が腐っている。

 

解体はまず床をはがしていった。床板は最初おそらく釘で梁に打ち付けてあったのだと思うけど、さびて折れていた。それでも、完全にさびていてもなお釘の役割を果たしており釘を抜かないと板が外れなかった。

 

 

 

全部取り払った後。キレイな空間になった。次はロフトを作りなおす。

 

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

築80年の馬小屋をリノベーションする ⑥土壁をつくる

昨日竹小舞をつくったので今日はそこに土を塗っていく。

 

まずは畑から土をとってきて、土に水を少しずつ加えていきながら粘土にしていく。

 

そしてそれを漆喰を塗る要領で竹小舞に塗りつけていく。

 

塗り終えた!めちゃくちゃ楽しかった!

本当は裏側からも塗らないといけないが、高すぎて届かないのでこれで終わりにする。

 

裏側はこんな感じ。

 

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com

 

matsudama.hatenablog.com