松玉のデュアルライフ日記

芸術家の居候がつづるデュアルライフ日記

根拠のない自信はバカにできない

 

f:id:matsudama:20190223212023j:plain

 人間、一度思い込んでしまうと、その思い込みに支配されることがよくある。

 そうして壁が勝手にできてしまって、「その壁を乗り越えるのは無理だ」と思いこんでしまう。

 

陸上男子100m

 最近、陸上男子100mでサニブラウン・ハキーム選手が9秒97の日本記録をつくった。

 その前の記録が桐生祥秀選手が出した9秒98で、この記録が日本人で初めて「10秒の壁」を破ったタイムだった。

 桐生選手がこの記録を出したのが2017年で、それまで伊東浩司さんが1998年に出した10秒00が19年も日本記録に君臨していた。日本人の心のなかには「10秒の壁」が厚く立ちはだかっていて、10秒を切るのは無理だという思い込みがあったのだと思う。

 

 面白いことに、桐生選手が9秒台を記録すると、そのすぐあとに10秒を切りそうな選手が続々と出てきた。

 

1 9秒97  サニブラウン・アブデル・ハキーム 2019年6月7日

2 9秒98 桐生祥秀              2017年9月9日

3    10秒00   伊東浩司                                             1998年12月13日 
                    山縣亮太                                              2017年9月24日 / 2018年8月26日

5    10秒02  朝原宣治                                               2001年7月13日

6    10秒03  末續慎吾                                               2003年5月5日

7    10秒04  小池祐貴                                               2019年5月19日

8    10秒07  江里口匡史                                           2009年6月28日

                  多田修平                                                 2017年9月9日

10  10秒08  飯塚翔太                                                2017年6月4日

                   ケンブリッジ飛鳥                                  2017年6月23日

 

 日本の歴代10傑を見ると、桐生選手が9秒台を出した後に、多くの選手が9秒台に迫るタイムを出している。これはおそらく「日本人に9秒台が出せたなら、俺もいけるぞ!」みたいな自信が湧いたからだと思う。

 心の持ちようが変わると、パフォーマンスにも大きな影響を及ぼすのだ。

 

 日本選手権が27日に開幕するが、ここでも9秒台の選手が現れるかもしれない。

 

1マイル競走でも同じことが・・・

 このように、誰かが「壁」を破ると、とたんに「俺もいけるぞ!」精神で後続の選手がぞくぞくと現れることがよくある。

 

 有名なのが、1マイル競走。1マイルは1600m。

 この種目には「4分の壁」というのがかつて存在していて、人類が4分以内に1マイルを走るのは不可能だと専門家が断言していた。それはエベレスト登頂や南極点到達よりも難しいことだと思われていた。

 

 しかし、1954年にオックスフォード大学のロジャー・バニスターが初めて4分を切ると、不思議なことに1年後には、なんと23人も4分の壁を切っていた。ここでも「俺もいけるぞ!」精神が発動したのだ。

 

 ちなみに、現在の1マイルの世界記録はモロッコのヒシャム・エルゲルージが出した3分43秒13。

 

根拠のない自信はバカにできない

 高校のときの先生が言っていたんだけど、筑波大付属高校や開成高校の生徒がどうして毎年あんなにたくさん東大に合格しているかといえば、根拠のない自信があるかららしい。

 勉強もせず、模試の判定もよくない先輩たちが高3の夏から猛勉強して東大に合格していく姿を見た後輩たちは、「あんなんでも東大に合格したんだから俺でもいけるっしょ!」と思いこむという。

 先輩がいけたから自分もいけるなんて思い込みはまったく根拠がないけど、そうしたポジティブな思い込みは自分の実力を引き出してくれるようだ。根拠のない自信は大事なのだ。

 逆に、100mや1マイルのように、勝手に壁を作ってネガティブな思い込みに支配されると、どんなに実力があってもいい結果は生まれない。

 

 「限界は自分の心が決める」という名言があるが、あれは本当にそのとおりなのだ。

 

 

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

パーフェクトマイル―1マイル4分の壁に挑んだアスリート

 

 

 

 

ポスティングバイト初日の成果をまとめる

 今日から本格的にポスティングの仕事が始まった。

 

 ポスティングの仕事は簡単にいうと、業者が以来する広告やはがきをポストに次々と入れていくだけの仕事。単純な仕事である。

 

 僕のやる仕事は、JAFとか旅行会社の小冊子をポストに入れていくというもの。

 他のポスティングは手当たり次第にポストにビラを入れていくものだと思うけど、僕の場合は決められた宛先に入れていくので少し違う。担当する町の決められた家のポストに冊子を入れていく。

 2~3日に一回、会社が僕の家に小冊子を置いていくので、空いた時間に担当するエリアのポストにそれを入れていく。

 

 今日は173冊の冊子を配布した。

 1冊配れば17円の冊子を172冊、1冊配れば12円の冊子を1冊、計173冊、合計2936円の仕事。

 これを一時間で配れば時給換算2936円だし、10時間かかれば時給293円ちょっとの仕事になる。効率よく配ればそれだけおいしい仕事になる。

 

 単に配るだけの仕事だけど、初日なのでやるべきことがある。

 まず、配る家がどこなのか地図上にマークしていく必要がある。

 いきなり地図とにらめっこしながら冊子を入れていくのは非常に効率が悪い。

 最初にすべての配るべき家の位置を地図上にマーカーで印をつけていく。

 次に、どのように回って行けば最短ルートになるのか戦略を練る。

 そしてその後やっと出発して配りに行く。

 

 僕は最初自転車で配ろうとしたのだが、思いのほか効率が悪い(いちいち乗って降りたりするのが面倒)ことに気づいたのと、冊子を入れるためのカゴがすぐに壊れたせいで、あえなくリュックとエナメルバッグの二つに入れて歩いて回ることにした。

 一回でいきなり173冊配るのはきついので二回に分けた。それでも一回で85冊くらい配る。一冊155gなので、85冊で約13キロ。すぐに肩が痛くなった。

 

 どんなに頭で最短ルートを思い描いても、現実は違うよ。

 住宅が密集していて、どのように行ったら目的地の玄関にたどりつけるのか分からない家がけっこうあった。住宅が入りくんでいると、どう行っていいのか分からない。全然違う道を行って、「あぁここからではポストにたどりつけない」とべつのルートから迂回していかないといけないことが何回もあって辟易した。

 あと、同じ番地の家が大量にあって、どこが冊子を入れるべき家なのか皆目見当がつかないこともあった。

 

 そんなこんなで、初回はめちゃくちゃに時間がかかった。

 地図にマーカーで印をつけるところから、冊子を配り終えあるまでに8時間もかかった。時給換算すると367円。県の最低賃金の2分の1にも満たない!

 

 とまぁ散々な結果だけど、そうなったのは初回だから。

 次回以降はマークする必要はないし、どこが玄関なのか分からないということもない。今回地図にマークしていく作業だけで4時間近くかかったから、次回は少なくとも4時間あれば配布できる。そうすると、時給は734円。やればやるほど慣れていって最短ルートを見つけていくだろうから、時給800円くらいにはすぐにいくと思う。

 

初回の結果

配った冊数   173冊

稼いだ額    2936円

かかった時間  8時間(時給換算367円)

歩数      23000歩(16km)

 

自然農法でやってる枝豆(大豆)の芽が出た!

f:id:matsudama:20190616194326j:plain

 

 ついに枝豆(大豆)の芽が出てきました!うれしー!

 

 最初地面には竹の根っこがはびこってて、それをツルハシで取り除くところから始まりました。

 

 土もめちゃくちゃ硬くて、クワではなくツルハシで耕しました。

 

 その後やっと枝豆(大豆)の種をまいて、マルチをしました。マルチは市販の黒いシートではなく、枯れ草を使いました。枯草が地面にかえって肥料になってくれるのです。自然農法ですから肥料も農薬も使いません。

 

 枝豆(大豆)とトマトは相性がいいので、トマトの苗といっしょに植えたのですが、トマトの苗はシカかイノシシに食われました!くやしー!

 

 畑のまわりは青いネットで囲っていたのですが、やつら、それを潜り抜けてトマトの苗を食い散らかしていきました・・・。

 

 枝豆はどうにか生き残ってほしいですね。

 半分は枝豆として収穫し、もう半分は大豆で収穫しようと思っています。

 大豆は味噌をつくるのに使いたいです!

 

未和 NHK記者はなぜ過労死したのか

 

未和 NHK記者はなぜ過労死したのか

未和 NHK記者はなぜ過労死したのか

 

 

 読みたかった本。

 

 亡くなった佐戸未和さんは2013年に過労死されたのだけど、このことをNHKが公表するまでに4年もかかった。

 NHKは、電通の高橋まつりさんの過労自殺ブラック企業大賞の模様を報道しているにも関わらず、佐戸さんの過労死のことを隠蔽しようとした。

 佐戸さんの件で、NHKブラック企業大賞に選ばれたが、そのことは放送しないという悪質ぶり。これのどこが「公正・中立」なのだろう?

 

企業の風土

 NHKは選挙と災害の二つには特に力を入れている。佐戸さんは東京都議選参院選の取材のために、過酷な労働を強いられていた。亡くなる直前の時間外労働は209時間にものぼった。これは過労死ラインとされている80時間を大きく上回る。

 

 佐戸さんはNHKの報道記者としてずいぶん有能だったことが本書から分かる。

 徹底した取材によって多くの実績をあげてこられたが、その実績をあげるための努力が体に大きな負担となっていた。そのような努力は「いいリポートをしたい」という本人の熱心さもあるが、そうせざるを得ない環境を作っている企業の風土も影響している。

 

 たとえば、質のいい情報をとってくるためには、警察や役場の人と信頼関係を結ぶ必要がある。いい情報をとるために、いっしょに酒の席を囲むこともある。いっしょに酒を飲みながら、警察から重要な情報を得るわけだが、酔っぱらうわけにはいかないのでトイレで喉に指をつっこんで吐くこともあったという。

 

隠蔽体質

 2013年に未和さんが過労死して、NHKが公表したのは2017年。

 4年たってようやく公表された。なぜ、そんなに時間がかかったのか。

 NHKは「遺族が公表を望んでいなかったから」と回答した。

 しかし未和さんの家族は、当初から公表されることを望んでいた。

 

 NHKは社員が過労死したことをひたすら隠そうとし、遺族の意向を無視し続けたため、遺族側が記者会見を開き、ようやく未和さんの過労死が明らかになった。

 驚くべきことに、NHKの番組で過労死や長時間労働の問題を扱っていた解説員までもが、未和さんの過労死の事実を知らなかったのである。

 

 

感想

 未和さんは記者の仕事が好きで、一生懸命に取り組んでいた。いいリポートをしたいという一心で、自然と長時間労働になっていった。

 一方で、選挙のときはとにかく成果を上げなければならないというNHKの圧力が、社員の長時間労働を助長していた。

 

 組織は社員なしには存在しないのだから、どんなに仕事熱心な社員でも一定時間休息を与えなければならないだろう。社員に成果を求めすぎてつぶしてしまったら元も子もない。

 しかし、ほとんどの企業が社員を休ませるのではなく、むしろ長時間労働をさせている。それを取り締まらなければならない政府も、法律を変えて長時間労働をさせられる制度を作っている。恐ろしいことだ。

 

 未和さんはNHKが第一希望の就職先で見事就職することができた。そして仕事に一生懸命な優秀な記者だった。

 未和さんが過労死して、彼女がNHKにとって不都合な存在になると、過労死した事実を隠蔽しようとした。組織にとって不都合な存在は平気で切り捨てるのだ。

 

 著者の尾崎さんはNHKの番組制作にも携わる人なのだが、取材を進めていくなかで、NHKにとって不都合な情報を書こうとしていることを知られると、NHKから仕事の依頼がこなくなったと書いている。

 そしてこんなことを書いている。

 

私はこう受け止めました。天国にいる未和さんが、自分を死へと追いつめたものの正体を、こんな形で私に伝えてくれたのかもしれない、と。その正体とは、普段意識されることがない、しかし、いざというときに圧倒的な力を発揮してしまうもの。自分たちを守ってくれると思っていたら、いつのまにか一人ひとりを分断し、従順さを競わせるだけの存在になっていたもの。そうです、組織です。 

 

 組織の本質をついた言葉だと思う。

 

 このような本がもっと社会に出るべきだと思う。

Gの嵐

 あぁ、そういう季節ですね。

 やつですよ、やつらですよ。あぁ、気持ち悪い。

 

 昨日、しんどい発掘の仕事を終え、いつもは買わない華みやびを買って帰った。

サッポロ ヱビス 華みやび 350ml×24本

サッポロ ヱビス 華みやび 350ml×24本

 

  

 炎天下のなか一日中土を掘り続け、フルーティなビールをグビグビ飲むのは最高にうまい。

 吉野家でテイクアウトしたライザップ牛サラダを食べ、華みやびを飲み、すぐに寝た。

 

 就寝中のどが渇いて、水を飲もうと台所に行き、電気をつけたら、そこはゴキブリ天国と化していた。

 そこらじゅうでカサコソ音がする。久しぶりにこんな大量のゴキブリを見た。

 小さいゴキブリから大きなゴキブリまで、選り取り見取り。

 

 しかたなく、近くにあったアースジェットを噴射したら、あたりがガスだらけになった。ゴキブリにとって、天国は地獄へと変わった。

  あれ、けっこう効き目あるよね。すぐにゴキブリがのたうち回りはじめた。

アースジェット 殺虫スプレー [ハエ・蚊用 450mLx2本]

アースジェット 殺虫スプレー [ハエ・蚊用 450mLx2本]

 

 

 逃げ惑うゴキブリ。

 なんと、ゴキブリの親子が僕のリュックの中へ逃げ込もうとしていた。

 「やめろー」と叫びリュックを蹴飛ばしたら、ゴキブリも吹っ飛んでいった。

 

 ゴキブリとともに、僕の眠気も吹っ飛んでしまったので、どうしてゴキブリが大量にいるのか考察した。

 ゴキブリが多いのは、ゴキブリのえさがたくさんあるからだ。どうしてえさがたくさんあるのか、それはモノが多すぎて掃除しきれない箇所がたくさんあるからだ。そこにえさとなるカスやらなんやらが貯まっているのだろう。

 

 僕は芸術家の家に居候していて現在二人暮らしなのだが、芸術家というのはみんな変わっているものなのか、炊飯器が一つなのにしゃもじが6つもあるし、おたまも10個くらいある。

 爪切りが5つもあるし、箸が30膳もある。コップは20個もあるし、皿は数えきれないくらいある。

 

 師匠はつねづね、片づけや掃除の大切さをこんこんと説くのだが、僕はこんなにモノが片付いていない家は初めて見た。この前なんか、賞味期限が10年くらい切れているインドネシアのチョコレートが棚から出てきた。食べてみたが不味かった。

 

 ゴキブリが出ないようにする一番の方法は、やっぱり片づけをすることですね。

 現代は大量にモノがあふれる時代だから、家にモノがたまっていき、そこにホコリや食べ物のカスが集まりゴキブリの温床になってしまう。

 

 みなさんも、家にGの嵐が吹き荒れないよう、日ごろから片づけをやってくださいな。

 

 

 

筋肉痛は二度やってくる

 あぁ、案の定朝起きたら体中が痛かった。

 昨日の発掘作業のせいで全身筋肉痛だ。

 強烈な筋肉痛であった。特に肩回りと股関節から太ももにかけてがひどい。

 

 僕はわりと体力には自信があって、40キロ歩こうが、100キロ自転車をこごうが全くへばらないし、筋肉痛にもならない。

 だけど、昨日一日中土を掘ってたら、全身筋肉痛になった。

 発掘作業というのは、大変な仕事なのだ。

 

 朝現場に着いて、しっかりストレッチしていたら、ベテランのおじさんが

 「どうしたの?ストレッチなんかして」と聞いてきたので、

 「筋肉痛です」と答えた。

 そしたら、「筋肉痛は二度やってくるよ」と教えてくれた。

 なんか、郵便配達員は二度ベルを鳴らす、みたいな言い草でちょっとおかしかった。

 二度目の筋肉痛を覚悟しておこう。

 

 ところで、僕の行っている現場の発掘作業員は、僕以外はおそらく50代から60代くらいの人ばかりだ。

 でも、僕以上にガツガツ土を掘っている。

 現場リーダーに「みなさんめちゃくちゃタフですねぇ」と言ったら、

 「まぁみんな10年以上やっている人ばかりだよ~」と教えてくれた。

 10年も土を掘るとかすごい。

 

 発掘作業員のイメージは、カイジの地下帝国での労働みたいな感じ。

賭博黙示録 カイジ 1

賭博黙示録 カイジ 1

 

 

 本当にきつい。

 最近地球温暖化のせいで熱中症になる人が増えているけど、彼らの辞書に「熱中症」の言葉はあるのだろうか。炎天下のなか、発掘作業員は一日中、ツルハシでごつごつ土を掘っている。

 

 でも、見かたによっては、すごく健康になれる仕事でもあるのかなとも思った。

 みんなやっぱりガタイがいいのだ。

 それにくたくたになるので、家に帰って飯食って風呂入ったらもう寝る。

 で、早起きする。

 

 一日中座って仕事をするデスクワークよりも、一日中土を掘っているほうが健康的だと思う。

 

 あと、これだけハードな仕事をやってると、ビールがめちゃくちゃにうまい。

 明日も頑張って土を掘ろう。

 

発掘調査員バイトが過酷すぎる件について!!!

 

f:id:matsudama:20190610211532j:plain

 

 この前ポスティングの仕事を始めたのだが、ポスティングの仕事に応募した後に発掘調査員のバイトの募集を見つけた。

 

 へぇ、面白そうな仕事やんか!

 歴史のロマンに触れられそうだ!

 よし、応募しよう!

 

 僕が応募した発掘調査員のバイトは8:30~17:00勤務で、午前30分、昼1時間、午後30分の休憩があり、実働6時間30分。それで日給7500円。

 まぁちょっと安いような気がするけど、考古学の知識がつきそうだし、お金云々より歴史のロマンのほうが重要だった。

 

 すぐに応募し、面接に行った。

 面接もすぐにパス。どうやら人手はいくらでも必要そうな感じだった。

 

 今日が初日だった。

 行ったら、ひたすら土を掘る作業だった。しんどい!!!

 僕は、金づちで地層をコツコツと打って、はにわとかを掘り出すのをイメージしていた。で、これは縄文時代のはにわで~、みたいなのを想像していた。

 

 やることはひたすら土を掘る仕事。

 土を掘る、運ぶ、また土を掘る。完全な土木工事である。

 はにわは一つも出てこなかった。「これが土器のかけらだよ」と見せてもらったけど、そこらへんに落ちている石ころとどう違うのか分からなかった。

 

 めちゃくちゃきつい。本当にきつかった。

 半日でへたれて帰ってしまう人もまぁまぁいるらしい。

 

 今日はくもりで風も吹き涼しいほうだったと思うけど、汗がとめどなくあふれ、持っていった1,5リットルのポカリスエットだけでは全く足りなかった。

 一緒に働いている人は、夏には4リットル持ってくるらしい。たしかにそれくらいないと足りないと思う。それくらい汗をかく仕事なのだ。

 

 この仕事に向いている人は、黙々と作業できる人かなぁ。接客が嫌な人にもおすすめ。

 ひたすら土を掘る仕事だから、筋トレにもちょうどいい。

 

 逆に、おすすめできない人は、腰に不安がある人。下手すると腰が逝ってしまう。

 

 まぁお金をもらいながら筋トレするんだと思い込んで、明日もまた土を掘ろう。