松玉のデュアルライフ日記

芸術家の居候がつづるデュアルライフ日記

セルフカットが感染症対策になる日が来るとは思わなかった

 僕はかれこれ7年くらい美容院に行ってない。

 

 家でセルフカットしているからだ。

 

 きっかけは、阿部寛だった。

 

 『おしゃれイズム』という番組に彼が出ていて、スタジオにて普通のはさみでチョキチョキ髪を切っていた。

 

 目からうろこだった。「あぁそうか、自分の髪って自分で切っていいんだなぁ」と思った。

 

 早速、普通のはさみで恐る恐る切ってみたら、ビギナーズラックでうまい具合に切れた。「これでもう店に行く必要はなくなる」と嬉しかった。

 

 僕は当時学生で、学割を使っても3000円も払わないといけないし、仕上がった髪型はなんだか似合わないので気をもんでいた。

 

 あまり金を使いたくないので短く切ってもらうのだが、短いのは自分に似合わないので困っていた。ジレンマである。

 

 そんなところに阿部寛セルフカットが登場し、僕はセルフカットを始めたのだった。

 

 一回目は良かったのだが、何回目かのある夏の日、暑いから思いっきりやったろうと思ったのが間違いだった。

 

 後ろをばっさばっさやったら、一部分だけはげた。鏡で見たらとんでもないことになっていたので、自分で切るのは諦め帽子をかぶって美容院へ行った。坊主にされた。

 

 とはいえ、この7年で失敗したのはその一回だけで、それ以降は一度も美容院へ行っていない。美容院の兄ちゃんが「すきばさみ使ったらええで」と教えてくれたので、100均で買ったすきばさみも併用してセルフカットしている。

 

 「似合ってる」「器用だね」と言われるが、自分はどちらかといえば不器用な部類で、慣れたからうまく切れている。髪に対して縦にはさみを入れさえすれば基本的に失敗はない。

 

 セルフカットのいいところはまず金のかからないことと、切った次の日に「もうちょっと短くしておけば良かった」と思えば切れること。

 

 しかしまさか、感染症予防につながるというメリットが加えられるとは夢にも思わなかったねぇ。。。

 

 セルフカットは楽しいので今では髪を切るのが苦ではない。昔は美容院に行くのがけっこう憂鬱だったんだけど。

 

 ここのところ急に暑くなってきたので今日は髪を切ろうと思っている。